スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Deep Clear」


Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)
(2010/12/17)
小花 美穂

商品詳細を見る


現在連載中の「Honey Bitter」に、あの不朽の名作「こどものおもちゃ」の紗南達が登場しちゃう番外編です!
てっきり「Honey Bitter」の単行本に収録されるものと思ってたのに、まさかこれで1冊になるとは!
雑誌の時、「Honey Bitter出るの遅いからな~」ってめっちゃ気合入れて読んだのに(笑)。
というか発売後に出たことを知って、amazon売り切れだし、本屋にもないし、めちゃ焦ってお取り寄せしたよ;

でも無事に買えて良かった~☆
少部数発行だと聞いて、「手に入らなかったらどうしよう!?」「定価以上の金額を投入せねばならん羽目になるのか・・・・・・!?」と超ビビってたんですよ(^_^;)

価格については、「愛蔵版だから仕方ないけど、このページ数では高いなぁ・・・・・・」と正直思ってたんですが、いざ蓋を開けてみると、印刷がとっても綺麗で!
紙も良くて、多分これ、変色しづらいヤツじゃないですか!?(>_<)
てなわけで、お値段には納得です!

欲を言えば、表紙が描き下ろしなら完璧だったけど、小花先生は量産出来ない事情を色々と抱えてますからね;
この仕事をしてくれただけで感謝ですv
この表紙、タイトルにとても合ってるし☆


さて、内容。
露骨なネタバレは避けますが、微バレではあるので、OKな方のみ続きをどうぞ♪







もうね、紗南ちゃん健・在!!(≧ω≦)

大人になって綺麗になったけど、あの「紗南でーっス!」を初めとして、ノリも性格も昔のまま!
懐かしさは感じるのに、時間の壁は感じずに、スーッとあの世界に戻っていけます☆
いい意味で変わらない紗南達がとても嬉しい☆


私、雑誌の前編と後編の間に「こどちゃ」を読み返したんですけど、やっぱりいいですよねぇ・・・・・・!
紗南と羽山の、お互いしかいない、お互いじゃなきゃ駄目なところが、もう・・・・・・!(;_;)

小花先生は「こどちゃ」人気を喜びつつも、あれから何作も発表してるのに未だに「こどちゃ」を超える作品を出せていないのか・・・・・・と複雑な感情を抱いていらっしゃるようですが、違いますよ!
他の作品もどれも面白いです!
ただ、「こどちゃ」が名作過ぎるんです!!
(「こどちゃ」とハガレンは子供達に読ませたい!)

りぼん絵で敬遠してる方は、是非一度騙されたと思って読んでみて下さい!
本当に素晴らしい作品ですから!!
何回泣いたことか(;_;)
しかも大人になって読んでも、何年経って読んでもいいのです。
これでおふざけも秀逸なところが、なお素晴らしい(笑)。



で、後編のメイン、紗南の△△シーンは、小花先生が近年経験されたからなのか、単に小花節が炸裂したからなのか、あるいはその両方か。
何か今までに見たことがない切り口というか、ライトなのに妙にリアルな気がしました(笑)。

このシーンじゃないんだけど、「アンタが○○に負けて●●手~抜くからでしょー!!」「自分で楽しんどいてそんなの許されないよ!?」ってセリフには噴きましたよ(笑)。
何故か他の作品では不自然なくらい触れられて来なかったことを、ズッバリと!
こういうことをサラリとやっちゃうから、小花先生なんだよね(笑)。
大好きだ!(笑)

カメハメ波出した羽山も(作者談)、それを受け取った紗南も、本当にこの二人の絆は強く深いんだなぁ・・・・・・
ていうか、羽山はこれでまた紗南に救われたんだね。
もう羽山にとっての天使だよね、紗南は。
そりゃ失いたくないよ。

良かったね、二人とも☆
うん、本当に本当に良かった!(;_;)


それにしても、フレンチ以外はキッチンごと爆発させてた紗南が・・・・・・大丈夫なのか?(笑)

あと、珠里ってそんなに美人さんな設定だったんですね!
いえ、美人なのは分かってたけど、あくまで一般的なレベルでの話かと。
芸能人にまで綺麗綺麗言われるなんて、相当な美しさですよ?
そうか・・・・・・そりゃ陽太メロメロだな(笑)。
まあ、陽太は珠里が美人じゃなくてもああなんだろうけどv

それから出番は少ないけど、吏己の紗南に対するリアクション(?)も面白かったです(笑)。
コイツはほんと生活感ないよなぁ……
個人的に「Honey Bitter」で一番気になってるのは貴方のことなんですけど!
どうなってるの!? ねぇ!?



巻末には、大人になった直澄の描き下ろし漫画(18ページ)が収録されています。
こちらはちょっと切ない・・・・・・

本当の愛、永遠の愛。
だけど、それが報われるとは限らない。
ならば来世では・・・・・・って思ってしまう私は酷いですか?

でもきっと、来世があっても、おんなじ道を選ぶんだろうね。
私、無償の愛って親子間でしか有り得ないと思ってるんだけど、直澄の愛は間違いなくアガペーだよなぁ・・・・・・

愛は深ければ深いほど、切ないものなのでしょうか・・・・・・



ところで、珠里も美しい男性には普通に見惚れるんですねv
何か可愛かったというか、うん、ちょっと安心したよv

しかしamazonさん、「真澄」って誰かと思ったじゃないか(笑)。
もう直ってるけど、ツッコミ殺到したんだろうなぁ。
もしくはファンからの怒りの苦情?(笑)



「こどちゃ」のことばっかり書いたけど、「Honey Bitter」も面白いですよ!
てか、小花先生の作品は全部面白い☆ ほんとに☆
りぼんの作家さんで大人になっても買ってるのって、この人だけだもんなぁ。


こどものおもちゃ 1 (りぼんマスコットコミックス (791))こどものおもちゃ 1 (りぼんマスコットコミックス (791))
(1995/04/14)
小花 美穂

商品詳細を見る
 
Honey Bitter 1 (りぼんマスコットコミックス クッキー)Honey Bitter 1 (りぼんマスコットコミックス クッキー)
(2004/06/15)
小花 美穂

商品詳細を見る



スポンサーサイト

tag : DeepClear HoneyBitter×こどものおもちゃ HoneyBitter こどものおもちゃ 小花美穂

Secret

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

沙月(さづき)

Author:沙月(さづき)


言葉と物語と音楽と写真を愛する、
沙月の気ままブログ。

文章書きで音楽好きのヲタです。

自己紹介はコチラ



※ 管理人の許可なく、当ブログ内の
すべての文章・画像・内容等を、
無断転載・二次配布・加工することは
堅く禁じます。


since 2010.12.27

Category

New Entry 30

Monthly Archive

New Comment

Search

QR Code

QR

Link

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。