スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢幻の櫻


★お題:「桜」「花見」。短文小説です。


かの人に出逢ったのは、夢幻(ゆめまぼろし)の春の夜。
並び立つ櫻は薄墨の空に淡く浮かび、あの世へと続く灯りのようだった。
その美しさに見惚れていた私の傍に、何時の間にか女が立っている。
この風景から生まれ出でたようなその女は、咲き誇る櫻花と同じ色の袖を風に揺らし、
「見逃してあげる」
同じ色の唇で紡いだ一言だけを名残に、花吹雪とともに消えた。
あの幻にもう一度逢いたくて、私は今年も櫻を狩るのだ。

(193字)

夜桜 P1100251-e640

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

以下、筆者コメントへ続きます。





某所の140字小説のお題指定投稿日の参加作品。(※実際は131文字以内)
4月のお題は「桜」と、翌日の15日が日曜だった為もうひとつ「花見」が追加されました。

指定日には参加できず、1週間以上も遅れて書いたものです。
それだけ遅れたら書いても参加にはならないと思いますが、3月(お題:「花」)に引き続き書けなかったことが心残りになっていたので。
自己満足に過ぎませんが、気は済みました。
(例によってここにはロングバージョンを掲載)

14日の「桜」と、15日の「花見」をひとまとめに。
本文中では「夢幻(ゆめまぼろし)」としていますが、タイトルは普通に「夢幻(むげん)の櫻」で結構です。

夜桜って淡い光のように見えるじゃないですか?
それを書きたかったのです。
短文だからあっさりですけど。

花見のことを櫻狩りとも言ったそうですね。
こちらの桜はとうに終わってしまったけど、東北ではまだ桜が咲いているでしょうか?
北海道はこれからかな?

桜の時期は短くて淋しいので、一月くらい色んな種類の桜が咲いてればいいのになぁ、と思います。
そして、騒がず愛でるがジャスティスです。




作品と関係ないんですが・・・・・・

私は気持ちの切り替えが非常に下手でして。
嫌なことが頭に浮かんでしまうと、それを上手く切り離すことが出来ず、延々囚われてしまいます。
いい大人なのだから、そのくらいの感情のコントロールは出来なきゃいけないんですが・・・・・・

気晴らししようとしても、そんな時は読書などにも集中できず、気が付いたらまた考えてしまっている状態に。
もっと吸引力のあるものが必要! 否が応でも集中しなければならないものを!

つまり文章や作品です。そんな時こそ書けばいい!
それが、最近になってようやく分かってきました。

いや、創作にフラストレーションや激しい感情をぶつけるのは多分当然のことなのでしょうが、私は調子の悪い時はあまりしてこなかったんですね。
自己投影とは違って、いい形でコントロール・発散・昇華・生産していけたらいいなぁと思います。

すべては創作に生きるのだから!
マイナスな時こそチャンスだ!

まあ、生粋のネガティバーなので、書き終えたらまたダークサイドに戻ってたりするんですが(笑)。
ぼちぼち上手くできるようになるといいですねー。



読んで下さってありがとうございました!
励み、そして参考になりますので、ご意見・ご感想などあれば、どうぞお気軽にお寄せ下さいませ。
精進致します!

スポンサーサイト

theme : ショートショート
genre : 小説・文学

tag : 短文小説 お題 文章修行

Secret

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

沙月(さづき)

Author:沙月(さづき)


言葉と物語と音楽と写真を愛する、
沙月の気ままブログ。

文章書きで音楽好きのヲタです。

自己紹介はコチラ



※ 管理人の許可なく、当ブログ内の
すべての文章・画像・内容等を、
無断転載・二次配布・加工することは
堅く禁じます。


since 2010.12.27

Category

New Entry 30

Monthly Archive

New Comment

Search

QR Code

QR

Link

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。