スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時の鉄道


★お題:「鉄道」。短文小説です。


気が付くと、僕は列車に乗っていた。
次々と過去に流れていく景色と黒い煙。空気の匂い。
嗚呼、知っている。
この世の果てまでも運んでくれるような鉄の道。
それは幻想で、あの夏僕は行けなかった。線路は空爆で破壊され、君は行方知れず。
あれから随分待たせてしまった。
けれども、漸く行けるよ。
白いワンピースの君が待っている向日葵畑へ。

(158字)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

以下、筆者コメントへ続きます☆





某所の140字小説のお題指定投稿日の参加作品。(※実際は131文字以内)
10月のお題は「鉄道」でした。

懐古的なものを目指したつもりなんですが、相変わらず詰め詰めで不親切ですね(^_^;)。

ちなみに野暮を承知で解説すると、戦争で別れたきり→死後、約束の場所へ会いに行く、という内容なんですが・・・・・・どうでしょう? お分かりになりましたでしょうか・・・・・・?(>_<;)

実際に参加した作品は、131文字に収める為にカットしまくった結果、これ以上に分かりにくいものになってしまったので、ここには「本当はこうしたかったバージョン」を載せました。
131文字でも分かりやすく、かつ物語のあるものを書けるようにならないといけないんですけどねー・・・・・・まだまだ精進が足りません。


読んで下さってありがとうございました!
ご意見・ご感想などあれば、お気軽にお寄せ下さい♪
お待ちしております(>人<)

スポンサーサイト

theme : ショートショート
genre : 小説・文学

tag : 短文小説 お題 文章修行

Secret

Calendar

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Profile

沙月(さづき)

Author:沙月(さづき)


言葉と物語と音楽と写真を愛する、
沙月の気ままブログ。

文章書きで音楽好きのヲタです。

自己紹介はコチラ



※ 管理人の許可なく、当ブログ内の
すべての文章・画像・内容等を、
無断転載・二次配布・加工することは
堅く禁じます。


since 2010.12.27

Category

New Entry 30

Monthly Archive

New Comment

Search

QR Code

QR

Link

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。