スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星群


★お題:「流れ星」。短文小説です。


【①】

僕の目には、堕ちてくる無数の星を愛おしげに見つめる彼女の姿。
彼女は待っている。ただひとつの星が降りてくるのを。流星群の夜に星になった恋人が戻ってくるのを。
もう十年、繰り返されてきた彼女の儀式。
今日こそ伝えるつもりだったのに、彼女の微笑を前に僕の唇は言葉を忘れる。

(131文字)



【②】

ペルセウス座流星群。やっとこの夜がやってきた。
そそっかしい彼が星になってしまってもう十年。彼はまだ私達の丘を探して迷っている。
方向音痴な彼がちゃんと戻って来られるように赤く大きな篝火をたく。
早く私を見付けて。
落ちてくる星を抱きしめるように、私は天へ腕を伸ばした。

(131文字)



【③】

毎年唇を噛んで見送ってきた列車の切符を、今年僕は人に譲った。
列車は燃える流星群となり、彼女の丘にも降り注ぐ。
ずっと一目会いたかった。愛していると伝えたかった。けれど彼女を想う瞳の存在に気付いたから。
「さようなら」
彼女の幸せを願い、僕は消えた。ただ一度だけ瞬いて。

(131文字)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

以下、筆者コメントです☆彡

続きを読む

スポンサーサイト

theme : ショートショート
genre : 小説・文学

tag : 短文小説 お題 文章修行

Calendar

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

沙月(さづき)

Author:沙月(さづき)


言葉と物語と音楽と写真を愛する、
沙月の気ままブログ。

文章書きで音楽好きのヲタです。

自己紹介はコチラ



※ 管理人の許可なく、当ブログ内の
すべての文章・画像・内容等を、
無断転載・二次配布・加工することは
堅く禁じます。


since 2010.12.27

Category

New Entry 30

Monthly Archive

New Comment

Search

QR Code

QR

Link

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。