スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミスティック・リバー」

ミスティック・リバー [Blu-ray]ミスティック・リバー [Blu-ray]
(2010/04/21)
ショーン・ペン、ティム・ロビンス 他

商品詳細を見る


クリント・イーストウッド監督、ショーン・ペン主演の「ミスティック・リバー」。
深夜に放送していたので、眠さと寒さと闘いながら見たんですけど。

なんっですか、あの鬱な結末は・・・・・・!
ちょ、ええ? ええー!?
誰にも聞いて貰えない真夜中にとんでもないモヤモヤきたー!


(※以下、ネタバレに続きます。
モロバレしないよう、見た人にしか分からない書き方をしているつもりですが、何となく分かってしまうかもしれないので、見たくない方はご注意下さいませ)


続きを読む

スポンサーサイト

tag : ミスティック・リバー 映画

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」


ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [Blu-ray]ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [Blu-ray]
(2010/04/21)
ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット 他

商品詳細を見る


今夜放送していた「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」。
映画館にも観に行ったけど、また見ました。
いい映画ですよね。

老いた赤ん坊(ベンジャミン)を拾ったクイニーの、
「神様の子だわ」
「奇跡の子よ。皆の思う奇跡と違うだけ」
というような台詞が素晴らしいね。
貴女こそ神様か天使だわ。導かれたような出逢いだね。

クイニーの信じているあの神父はインチキだけど、彼女の中では本物で、そんな彼女の心はとても尊く、彼女の中にこそ神様がいるようで。
信じる心の中に神様はいる、とはこういうことなのかもしれないと思いました。

信じる心に宿るのか、信じる心が生み出すのか、それは分からないけれど。
そんな些末なことはどうでもいいのだと。


老いて生まれて若返っていくという有り得ない物語の中で、突飛な出来事が起こるのかと思えばそうではなく、描かれているのはごく普通の人と人との出逢いであったり、愛であったり、生き方であったり。
特殊な物語の中でこそ見える「普通で普遍的な大切なもの」ってありますよね。
「八日目の蝉」もそうでした。

心にじんとくる「愛しさ」を感じるような映画です。


(そして、恐れることなく老いた姿を曝け出す役者根性にも脱帽です!
若さだけが美しさじゃないですよね。
日本もゲフンゴホン。)


八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
(2011/01/22)
角田 光代

商品詳細を見る


tag : 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 映画

「マルモのおきて」


♪マルモリ・モリモリ みんな食べるよ~♪ (´∀`)

はい、「マルモのおきて」の再放送を見ました(笑)。
リアルタイムの時から評判いいので見たかったんですけど、「JIN ―仁-」と丸かぶりしてましたからね!(>_<;)

面白いし、優しくていいドラマでした☆
ムックかわええ☆(>ω<)

芦田愛菜ちゃんは「Mother」の時も凄かったけど、やっぱり上手ですね!
鈴木福くんもいい♪
家政婦のミタ」の希衣ちゃんもいましたよー。

子役があんまり活躍すると、「もっと遊べばいいのに」「学校行けてるの?」と心配してしまうけど、表情見る限り、お芝居楽しそうだよね。
健やかな成長を願いたいですね☆

(大人の都合で働かせてるのに、小さな子供に対して「ウザイ」とか「嫌い」とかコメントできちゃう大人はどうなのかと思いますよ・・・・・・思うのはしょうがないかもしれませんが・・・・・・)


それでドラマの話ですが、双子は別々になるけど一人ずつ血の繋がった親戚の家で育つのと、二人一緒に施設で育つのと、どっちがいいんでしょうね・・・・・・?
仲のいいきょうだいを引き離すのは可哀想だよねぇ・・・・・・
もちろん施設も悪いところではないと思いますが、先生を親みたいに一人占めできるわけじゃないし、やっぱり寂しいよねぇ・・・・・・
子供は自分で選べないしなぁ・・・・・・

笹倉はいい友達(マルモ)がいて良かったね(;_;)

「“好きでも嫌いでも家族”。嫌だからって簡単に離れられるような、家族はそんな甘いものじゃないんだ」
マルモの掟ではこれが一番好きでした。(台詞はうろ覚えですが ^_^;)

薫と友樹はわずか6・7歳であまりにヘビーな経験をしたし、大人の都合で振り回されるのが気の毒な部分もあったけれど、それでも得難い幸福な出逢いだったと思います。
ずっと一緒にはいられないかもしれませんが、「離れても家族」。
とことん愛された記憶が、大人になって困難に直面した時に二人を支える力になるでしょう。
愛された人は強いです。
愛されることで、その人の中にある「軸」のようなものが太くしっかりして、それによって自信や自己肯定・逆境にあっても揺るがない強さが生まれ、また人を愛せるのだと思うから。
みんなの笑顔がずっとずっと続くといいな。

マルモたちに幸あれ☆

「マルモのおきて」 DVD-BOX「マルモのおきて」 DVD-BOX
(2011/09/21)
阿部サダヲ、芦田愛菜 他

商品詳細を見る


Mother [DVD]Mother [DVD]
(2010/09/22)
松雪泰子、山本耕史 他

商品詳細を見る


tag : マルモのおきて ドラマ

「江 姫たちの戦国」

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集
(2011/11/25)
上野樹里、宮沢りえ 他

商品詳細を見る


何だかんだ言いつつ、最後まで見てしまいました(笑)。
上野樹里が好きなのもあるんですけど、大河ドラマを見るのが習慣となりつつあるような気もします。
浅井三姉妹という題材も私には興味深かったので、始まる前は結構楽しみにしてたなぁ・・・・・・(遠い目)

いやまあ、その辺のことはもう置いといて(笑)。

市が初に言った、
「三人の中で姉も妹も持っておるのはそなただけじゃ。二人の間に何かあらば、絆となって繋ぎとめよ」
という台詞がとても好きでした。

いい役者さんも沢山いましたよね。
今パッと思い出せるだけですが、豊川悦司の信長、石坂浩二の千利休、大竹しのぶのおね、北大路欣也の家康なんかは流石に素晴らしかったと思います。
特におねの、茶々が身籠ったと知った時のあの表情! 文字ではとても表現出来ませんね。
大竹しのぶはいわゆる「美人」というのとは違うかもしれませんが、とても美しいと思います。

宮沢りえの茶々も、年齢が釣り合ってからは良かったですよね。
彼女がこんなにいい女優さんになるとは。

上野樹里も綺麗でした。
別にのだめじゃないと思うよ。
あんまり特徴がなくて演りにくそうなあの役は、上野樹里じゃなかったら見られなかったんじゃないかな?

ただ、やっぱり役と役者の年齢については考えて欲しいなぁ(^_^;)
子供は子役に演じて欲しいし、メイクなどで老いも表現して欲しい。
老けた姿を映すのは嫌なのかもしれないけど、普段の姿は知っているのだし、老いてもなおある美しさこそ見せて貰いたいです。
役者がどんなに演技でカバーしても限界がありますから・・・・・・舞台ならいいんですけどね。


浅井三姉妹の運命は本当に劇的で、「真実は小説よりも奇なり」を実感します。
「葵三代」、借りて来ようかな。

秀吉は秀頼にすべてを遺したかったと思うけど、それでも死ぬよりは一大名となっても生き残ってくれた方が良かっただろうに・・・・・・
あの世でまみえて、どんな言葉を交わしたのでしょうね。

本当に凄い時代ですよね。
幕末もそうですけど、歴史のうねりほどの大きな運命に翻弄されたら、自分なら生き抜ける気がしません;
でも、そんな中で名前も残らない低い身分の人達も懸命に生きていたはずで。
むしろそういった人達の方が多いはずで。
そんな物語も見てみたいです。


来年は「平清盛」ですね。
だんだん期待感が高まってきました。
面白いといいな!(>_<)


tag : 大河ドラマ

「幸せのレシピ」


本日の金曜ロードショー。
はい、津田健次郎さん目当てで見ました(笑)。

けど、良かったですー☆
いわゆる「ハートフル・ロマンス」なんですが、笑いも切なさもあって。
主人公の姉が事故死し、残された姪を引き取るという辛い設定なのに、暗く重くならずに自然な爽やさのある作品でした。
「マーサの幸せレシピ」という2001年のドイツ映画のリメイクらしいのですが、こうして沢山の人に愛されているのも頷けます。


私にとって津田さんといえば「薄桜鬼」の風間千景なのですが、「おじゃる丸」のオバケ屋敷の館長(↓)と同じ声だというのが、どーーしても信じられなくて(笑)。

館長DCF_0330

でも、このニック(アーロン・エッカート)の吹き替えの声を聴いて、ようやく両者が繋がりました。
うん、納得! スッキリ!(笑)

主人公ケート(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)の吹き替え、深見梨加さんの大人の女性ボイスは聴き惚れますね(>_<)
大好きな田中敦子さんとちょっと似てるような?
私の好みがよく分かりますねー(笑)。
ほんと、あんな声になりたいです。うっとりv

姪のゾーイ役の子役、何か見覚えがあるような……と思ったら、「私の中のあなた」の女の子なんですね!(アビゲイル・ブレスリン)
この子もナタリー・ポートマンやダコタ・ファニングのように、ビックになりそうな予感モリモリで楽しみですねぇ♪(>_<)


関係ないですが、そのダコタ・ファニング、現在17歳だと聞いて度肝を抜かれました・・・・・・
え? だってこの間見た映画ではまだ・・・・・・え?(°ロ°)

時の流れは早いですね・・・・・・恐ろしい・・・・・・
ダコタの出てる映画で最後に見たのは多分「マイ・ボディガード」だと思うんですが、私にはそんなに前のことじゃないのに、実際は小さな女の子がレディになる程の時間だなんて誰か嘘だと言ってくれハハハハハ。

歳を取るはずです・・・・・・・・・・・・(遠い目)


幸せのレシピ [Blu-ray]幸せのレシピ [Blu-ray]
(2010/04/21)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート 他

商品詳細を見る



私の中のあなた [Blu-ray]私の中のあなた [Blu-ray]
(2010/02/19)
キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン 他

商品詳細を見る

マイ・ボディガード【Blu-ray】マイ・ボディガード【Blu-ray】
(2010/11/26)
デンゼヅ・ワシントン、ダコタ・ファニング 他

商品詳細を見る


tag : 幸せのレシピ 映画

「JIN -仁-」


『JIN -仁-』、続編が始まりますねー。
でも私、前作を見てないんですよ(泣)。
お正月だったか総集編(?)やってましたけど、そちらも見られなかったし……
凄く評判がいいし、お友達も面白いと言っていたので見たいんですが……

と残念に思っていたら、夕方に再放送が!
てなわけで今更『JIN -仁-』の1期を見ています~♪

何コレ! 面白い!! めちゃめちゃ面白い!!
ぐいっぐい引き込まれますね!
評価が高いのも納得です!
現代の医師が幕末にタイムスリップしたらこういう奮闘になるのかー!

脚本の森下佳子さん、名前に見覚えがあるので調べてみたら、『白夜行』(ドラマ版)の脚本家ではないですか!
なるほど、道理で!
夕陽や朝陽などの「太陽」の写し方が『白夜行』を彷彿とさせるなぁと思ってたんですよ。
プロデューサーの石丸彰彦さんも『白夜行』と同じ方ですし、他の映像関係のスタッフもかぶってるんでしょうか?
いえ、私の気のせいで、全く違うのかもしれませんが。
でも見せ方とか、音楽の入れ方とか、通ずる部分を凄く感じるんですよねぇ……
もし気のせいじゃないなら、私の感覚も捨てたもんじゃないと思うんですけど、どうでしょ?(笑)

頻繁に出てくる万華鏡も印象的ですよね。美しくてうっとりします♪
同じの売ってくれないかなぁ……手頃なお値段で(笑)。

鈴屋の旦那はいい親父さんですね。
遊郭は苦界なので、厳しい人だらけの印象が強かったんですけど、このドラマではみんないい人だ(^_^)

喜市役の伊澤柾樹くん、このドラマで初めて知りましたが、上手ですねぇ!
凄く将来が楽しみではないですか♪
台詞回しは勿論ですけど、表情もいいんですよね。
『白夜行』の子役(福田麻由子・泉澤祐希)も本当に素晴らしかったですし、石丸プロデューサーは子役選びにかなりこだわってそうですね♪

喜市のお母さん役の戸田菜穂も綺麗で熱演が光ってたし、栄役の麻生祐未も迫力だし、小出恵介はちょんまげ超似合うし(笑)、中谷美紀の花魁はなんて美しい~☆
私、綾瀬はるか好きなんですけど、ええ、1日でいいから綾瀬はるかになりたいくらい好きなんですけど(笑)、やっぱり可愛い!(>ω<)
咲の喋り方も性格も、とっても似合ってますよね♪
そして相変わらずの美肌! 何食べたらあんな肌になるの~(>_<)
主役の大沢たかお、そして大評判の内野聖陽龍馬は言わずもがな!
何でしょうね、あの説得力(>_<)
「しゅじゅつ」が言えない龍馬が可愛過ぎる!(笑)

っていうか!
このドラマはすべての役者さんが芸達者で素晴らしいですね!
みんな本当にこの世界に生きてるんじゃないかと思ってしまうくらいハマってると思います!(>ω<)

ただ、『龍馬伝』とかぶってる役者さんがいるので、今頃見てる身としてはたまに混乱します(笑)。
緒方洪庵(武田鉄矢)→ん? 勝海舟?
佐分利先生(桐谷健太)→あれ? 海援隊の池内蔵太(いけ くらた)?
というように(笑)。

そういえば、第1話のクレジットに津田健次郎さんの名前があったんですけど、ええっ!? 一体どこに!?Σ('△';)
全然気付かなかった!
それで津田さんのWikiを見てみたら、「医者」……
……いっぱいいたよ! どの医者だよ!


それはさておき。

日曜に始まる続編の第1話は録画しておいて、再放送分を見終わってから楽しむつもりです☆
楽しみだー!(>ω<)


TBS曜劇場「JIN -仁-」 公式サイト (←お江戸マメ知識が面白いですよー! オススメ☆)



JIN-仁- BD-BOX [Blu-ray]JIN-仁- BD-BOX [Blu-ray]
(2011/02/18)
大沢たかお、中谷美紀 他

商品詳細を見る

JIN-仁- 完結編 Blu-ray BOXJIN-仁- 完結編 Blu-ray BOX
(2011/10/07)
大沢たかお、綾瀬はるか 他

商品詳細を見る


tag : JIN-仁- ドラマ

「イ・サン」 第1話 三人の約束


悲しくも終わってしまった「蒼穹の昴」の後番組、「イ・サン」。
遂に地上波でも始まりましたねー。

全77話とかなり長いので、「見たいけど、どうしよう・・・・・・」と結構腰が引けてたんですが、お友達が面白いと言っていたので、見てみることにしました☆

韓流ドラマは今まで「太王四神記」と「ファン・ジニ」しか見たことありません・・・・・・が、このふたつにはドハマリしました(笑)。
(「太王四神記」はサントラまで揃えたぜ! スジニが大好きだぜ! ホゲ→キハも切ないぜ!)
ので、約2年振りの韓流ですね。

舞台は王朝! シリアスな歴史モチーフ! 華麗な衣装に建築! 興味深い時代背景!
うん、お友達、私の嗜好をよく分かっていらっしゃる(笑)。


てっきり息子が主役だと思ったのに、孫の方でしたか。
サン役は子役も、吹き替えの子役(?)も、なかなかいいですね♪

なるほど、桃園の誓い、的な?(←ちがうよ!)
幼き頃に交わした熱い友情かー、いいなあv

ソンヨン役の女優さん(ハン・ジミン)、まだOPでしか見てませんが、素敵ですね☆
早く成長した姿が見たいです☆
綺麗なお姉さんは大好きです☆(笑)

サンのパパは多分助からないんだろうけど、王族として生まれたのに米櫃の中で命が尽きるなんて、人生分からないなぁ・・・・・・

しかし、韓流は相変わらず人名や名称が覚えづらい(笑)。
音が耳慣れない上に、似た名前が多いですよねー。

どーでもいいけど、「蒼穹の昴」でも思いましたが、宦官こわいよーこわいよー。(((( ̄□ ̄;))))
文化や風習を否定するわけではありませんが、去勢とか割礼とか纏足とか、人体をどうこうしようという発想がこわい・・・・・・!

そしてもっとどーでもいいけど、王様達の帽子(? 冠り?)の両サイドからぶら下がってる玉飾りみたいなの、あれって「バシッ!」って顔に当たって痛かったりするんじゃないかしら・・・・・・
急に振り返った時とか。風の強い日とか。
ほんと、果てしなくしょーもなくてスミマセン(^_^;)
でも、真面目に見ながらもついついこーゆーことを考えてしまうのは、案外私だけじゃない筈だと思うのですが、いかがか(笑)。


とにかく。
第1話「三人の約束」、なかなか面白かったです。
この先どうなるとか全く知らんのですが、楽しみに見て行こうかと☆
音楽も良さげなので、個人的に要注目♪


それにしても、こんな長丁場のドラマを見るのは初めてです。
お話も壮大そうなので、ちゃんと最後までついていけるのか、ちょっと心配(^_^;)
全77話なら1年半の筈だけど、NHKのことだから、放送休止やら何やらあるだろうことも計算に入れると、2年位かかるのかなぁ・・・・・・?(^_^;)
つーか2話目、早速お休みだし(笑)。

長いお楽しみになりそうですね!(笑)


イ・サン DVD-BOX Iイ・サン DVD-BOX I
(2009/12/23)
イ・ソジン、ハン・ジミン 他

商品詳細を見る

蒼穹の昴 DVD-BOX 1蒼穹の昴 DVD-BOX 1
(2011/01/07)
田中裕子

商品詳細を見る


tag : イ・サン ドラマ

「ギルティ 悪魔と契約した女」


ギルティ 悪魔と契約した女 DVD-BOXギルティ 悪魔と契約した女 DVD-BOX
(2011/03/09)
菅野美穂、玉木宏 他

商品詳細を見る

ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」。
終わっちゃいましたねー。
最初から最後まで、毎週楽しみに見てました。

菅野美穂、昔から好きなんですが、やっぱり上手いですよねぇ。
今回は単純な復讐鬼じゃなくて、犬を愛する心優しき善良な顔、良心の呵責に苦しむ顔、憎い相手を追いつめる悪魔の顔を同時に併せ持つ女性の役だったんですけど、流石の芸達者ぶりでしたv

玉木宏も、「のだめカンタービレ」「愛し君へ」「鹿男あをによし」「功名が辻」「篤姫」といくつか見てきたけど、個人的に今回の役が一番ハマってたと思います。
うん、千秋先輩よりこっちが好き(笑)。
あの暑苦しい髪とヒゲも似合ってて、あらあらカッコ良いじゃない、と☆(笑)

あと、やりすぎ感溢れるノリノリの唐沢寿明も、このドラマを語るには外せませんね!(笑)
たっのしそうにやってたなあ!
何よ、あの宅八郎みたいな髪型ww
ほんと、あまりの変貌ぶりに、最初声聞くまで唐沢寿明って気付かなかったし!
大活躍した9話のエンディングの「真顔で腰振り」には思い切り吹きましたよwww
何でいつも右側に出てるエンドロールが今回左側なのかと思ったら、その為かい!(笑)
あれはやっぱり唐沢寿明のアドリブが採用された、ってことでいいのかなぁ?(笑)



それでは、本題の最終回感想ー。
簡単なあらすじ付きでお送りします☆
モロバレなので、見たくない方はご注意下さいねm(_ _)m


続きを読む

tag : ギルティ 悪魔と契約した女 菅野美穂 玉木宏 ドラマ

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Profile

沙月(さづき)

Author:沙月(さづき)


言葉と物語と音楽と写真を愛する、
沙月の気ままブログ。

文章書きで音楽好きのヲタです。

自己紹介はコチラ



※ 管理人の許可なく、当ブログ内の
すべての文章・画像・内容等を、
無断転載・二次配布・加工することは
堅く禁じます。


since 2010.12.27

Category

New Entry 30

Monthly Archive

New Comment

Search

QR Code

QR

Link

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。