スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌って♪踊って!平氏と源氏☆


スゴイものを見付けてしまいました。


それは武士から始まった by 平清盛

御恩 そして 奉公 by源頼朝


うん、何だこれ?(笑)

とにかく見て欲しいので詳しいことは書きませんが、歌って踊って歴史のお勉強ができるみたいです。
Eテレってこんなこともしてたんですねぇ。
ビックリなような、でも、そうでもないような(笑)。


スポンサーサイト

tag : 平清盛 源頼朝

鉾とりて


土方歳三の辞世の句の新説が発表されましたね!

「子孫が語る土方歳三」という本をAmazonで見ようとPC開いたら、いきなりこのニュースが飛び込んで来てビックリですよ!∑(゚口゚)
私、呼ばれた!?(>_<)(←違います)



◆新説⇒「鉾とりて月見るごとにおもふ哉あすはかばねの上に照かと
      (鉾を手に取って月を見るたびに思う。あすはしかばねの上に照るのかと)」



◆従来の説⇒「よしや身は蝦夷が島辺に朽ちぬとも魂は東(あずま)の君やまもらむ」
          or
         「たとひ身は蝦夷の島根に朽ちるとも魂は東の君やまもらん」



――新撰組副長・土方歳三(1835~69)と最後まで行動を共にした隊士・島田魁(1828~1900)がまとめたとされる和歌集の巻頭歌が、土方の辞世と考えられるとの説を、幕末研究で知られる霊山歴史館(京都市)の木村幸比古・学芸課長が打ち出した。
「従来、辞世とされてきた歌は詠んだ日時の推定が難しいが、巻頭歌は間近に迫る死を覚悟した内容で、亡くなる前日に詠んだ可能性が高い」としている。

歌は「鉾(ほこ)とりて月見るごとにおもふ哉(かな)あすはかばねの上に照(てる)かと(鉾を手に取って月を見るたびに思う。あすはしかばねの上に照るのかと)」。
島田家に伝わる和歌集の冒頭に土方の名で記され、和歌集は26年前に同館に寄贈されていた。

木村課長が今年、修復にあわせて、ほかに名のある30人を調査、大半が新撰組隊士や幕府側の藩士らで、戊辰戦争(1868~69)で降伏し、長く生きたことがわかった。
自然のはかなさを詠んだ歌が多く、維新後に隊士らが作り、島田がまとめたと判断した。

土方は、旧幕府軍の指揮官として戊辰戦争に加わり、北海道の五稜郭(函館市)での箱館戦争で新政府軍の総攻撃を受け、銃弾に倒れた。
生き残った藩士らの証言などによると、その前夜、旧幕府軍幹部らが惜別の宴を開いていた。
木村課長は「歌には悲壮な決意が示されており、土方が明日の死を予期しながらこの席で詠み、島田が大切に記録していたのでは」と話す。

土方の辞世は「たとひ身は蝦夷の島根に朽ちるとも魂は東の君やまもらん(もしこの身が蝦夷の島に朽ち果てたとしても、魂は主君を守ろう)」が有名で、箱館で従者に肖像写真、毛髪とともに託したとされる。

説について、幕末の資料を収蔵する小島資料館(東京都町田市)の小島政孝館長は「『鉾とりて――』は土方の歌と考えるのが自然。辞世かどうかは今後、議論が必要だが、興味深い説だ」としている。

和歌集は霊山歴史館で7月26日から展示される。(2011年6月15日 読売新聞)――



ということだそうです。

私個人の感想としては、「月見るごとにおもふ哉」とあるので、激戦の続く日々の中で繰り返し感じていたことをある夜詠んだもので、前日ではないんじゃないかなぁ?という印象なのですが・・・・・・
目の前の「明日」というより、どちらかというと「いつ訪れてもおかしくないいつか」に想いを馳せているように感じるのです。
死の前日に土方さんが抱くのは、「悲壮な覚悟」より「決死の覚悟」なんじゃないか、それならもっと強い句を詠むんじゃないか、という気もしますし。
これだと、「辞世の句」というよりは、「一番最後に詠んだ句」?
(※繰り返しますが、あくまでド素人の個人の感想です)
(まだ新撰組として京にいる時に詠んだ句でもおかしくないような印象も受けたのですが、島田さんがまとめているならその可能性は低いのかな)

真相は土方さんに訊かないと分かりませんが、死に近いところに身を置いている時に詠んだ句であるのは間違いなさそうですよね。
私の周りのファンの人達の間では、新説を推す声が多いようです。
従来の説「たとひ身は~」は、綺麗事に聞こえると。
「東の君」をどう解釈するかで意味も変わってくると思うんですが、徳川とするなら、土方さんの守り通したものってそうじゃない気はしますよね。
もたらされるかたちとして幕府の為であっても、もっと自分の中の主義とか、理想とか、そういうものを貫いたんじゃないかと思います。
新撰組は土方さんの分身のようなもので、時代の流れは分かっていたけれど、それに従って新撰組を否定するようなことは出来なかったんじゃないかと。
散っていた仲間や、腹を切らせた部下のことも考えると。

あくまで私の考えでしかないですし、そんなエゴではなくて武士道によるものかもしれないとも思うのですが。
両方のような気もしますしね。

御本人にインタビューしてみたいものです。


……って、辞世の句かどうかの話じゃなくなってますね(^_^;)
毎度駄文ですみません(>_<;)

逸れついでに余談ですが、Wikipediaの土方さんの記事、速攻更新されていました(笑)。
何処の誰だか知りませんけど、流石有志は仕事が早いですね!


http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110615-OYO1T00800.htm
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110615-OYT1T00681.htm


tag : 土方歳三 辞世の句

土方さんの長所?


毎度Twitterの診断メーカー。
今回は「あなたの長所は?」(http://shindanmaker.com/126261)


面接官「あなたの長所は?」
土方さん「顔がいいところです!」



自分で言っちゃった!(笑)

うん、でも土方さんは自分が男前なの自覚してたと思います。
モテてモテて困るぜ☆発言してるし、写真の表情にも滲み出るものを感じるというか。

絶対自信家!(>_<)


あ、褒めてますよ?(笑)


もちろん顔の造作云々だけじゃなくて、生き方がね、カッコイイよね。
それで表情も引き締まってトリプル効果→結論・土方さんはカッコイイ。うん!(≧ω≦)


tag : 診断メーカー

続・今日の土方さん?


一昨日の記事で書いた、Twitterの診断メーカー、「画像ください!」(http://shindanmaker.com/88399)。
日替わり診断なんで今日も「土方さん」と入れてみたらば。


→ 土方さんがこたつの上で「テンガテンガ」と唱えつつごぼうを叩き折る画像ください!


だから何で頑なにごぼう!?
どうしても叩き折りたいの!? 何か嫌な思い出でもおありで!?
つか、テンガテンガって何w


ちなみに「土方歳三」と入れてみたらば。


→ 土方歳三が秋鮭を振り回しながら栗を炒りつつヘッドバンギングしてる画像ください!


こっちも何で頑なに栗!?

ごぼうと栗の一体何が土方さんをこうまで駆り立てるのか・・・・・・
診断メーカーは面白いですねぇ(笑)。


tag : 診断メーカー 画像ください!

今日の土方さん?


毎度見てるだけのTwitterの診断メーカー、「画像ください!」(http://shindanmaker.com/88399)。
名前入力欄に「土方さん」と入れてみたらば。


→ 土方さんが鳥取砂丘で迫真の顔でごぼうを叩き折る画像ください!


いやいやいや、何で鳥取!?
何でごぼう!?
何があったの!?
意味が分からないwww
土方さんと鳥取、全然接点ないよ!(笑)

あーでも、すっごい怖い顔して叩き折ってくれそう。
力の限りに木刀打ち下ろす勢いで。
むしろそのごぼうで叩き斬られる感じで。

例え手にしてるのが真剣じゃなくてごぼうでも、土方さんはカッコイイと思うよ!(>_<)


ちなみに「土方歳三」と入れてみたらば。


→ 土方歳三が高速道路の真ん中で栗を炒りつつバク宙してる画像ください!


あ、ここまで来ると無いな(笑)。

でもそれでも土方さんはカッコイイとおも(ry

バク宙するなら洋装バージョンで華麗に頼みます!(>_<)
その栗は私が一欠片も残さずに美味しく頂きます!(>_<)



良さそうな診断メーカーには、とりあえず「土方さん」と入れてみます。
一昨日お友達に、土方さんのデレが少ない悲しさと、だがそこがいいジレンマと、土方さんがここにいたら嬉しいけど忠実に再現すればする程女などお呼びでない寂しさと、土方さんのお小姓になりたい気持ちを熱く語って来ました。

私、安心の気持ち悪さです(笑)。



☆注☆

私が単に「土方さん」と言う時は、
・史実の土方歳三と、
・最近なら薄桜鬼の土方さんと、
・史実をベースに、小説やらドラマやら色々な創作物のイメージから推察した、「自分なりに思い描く土方歳三像」である場合とがありますが、そこらへんは文脈から読み取って下さい(笑)。


tag : 診断メーカー 画像ください!

龍馬 THE トイレットペーパー


納戸を開けたらあったもの。
商品名「龍馬の手紙」。

龍馬トイレットペーパー


ちょww なにこれwwww


DCF_0183.jpg DCF_0184.jpg

中身はただの白いトイレットペーパーのようです。
側面に家紋と、龍馬が脱藩後初めて乙女姉さんにあてた書簡の写真と、その訳文。
その内容と、通称名にも「ちょww」。

DCF_0189.jpg DCF_0191.jpg

龍馬さん可愛いな(笑)。
NHKじゃそこ言わないはずだ(笑)。
この時29歳らしいのに、古今東西、老いも若きも、男性は好きですね(笑)。
てか重要文化財にその通称名はいいのか(笑)。


つーか、龍馬で商売し過ぎ!
これを買ってくるうちの母、グッジョブ☆(>_<)b
まあ私も手塚治虫記念館でブラック・ジャックの名言集トイレットペーパーを買って来たような娘なので、血は争えないということでしょうか?(笑)

どうせなら龍馬の手紙の内容とか、出来事とかが、トイレットペーパーに印刷されてたら良かったのになぁ(>_<)


あー! 坂本龍馬記念館に行きたい!
もう一回よく見て来るのにー!(≧ω≦)



てなわけで。

写真では見え難いと思うので、自分メモも兼ねて、手紙の訳を写します。
こんなこと書く日が来ようとは思わなかったぜ。
龍馬さん、何しはりますのん(笑)。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

通称「きんたまの手紙」

そもそも人間の合点の行かぬのは元よりのこと。
運の悪い奴は、風呂から出ようとして、きんたまを詰め割り、死んじゃう者がいる。
それと比べれば、私はよほど運が強く、死ぬような場所へ行っても死なず、自分で死のうと思っても、また生きねばならない。
今、日本で一番偉い勝憐太郎(勝海舟)殿と言う人の弟子になり、毎日考えていたこと(海軍)を頑張っています。
私が40歳になる頃までは家に帰らない、と、兄さんに相談したところ、このごろご機嫌がよろしくなり、お許しが出ました。
国のため天下のため、力を尽くしております。
どうぞ、お喜び下さい。

3月20日 龍

乙女様
親しい人になら、この手紙そっと見せてもいいです。またね。


tag : 坂本龍馬 坂本竜馬 龍馬の手紙

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

沙月(さづき)

Author:沙月(さづき)


言葉と物語と音楽と写真を愛する、
沙月の気ままブログ。

文章書きで音楽好きのヲタです。

自己紹介はコチラ



※ 管理人の許可なく、当ブログ内の
すべての文章・画像・内容等を、
無断転載・二次配布・加工することは
堅く禁じます。


since 2010.12.27

Category

New Entry 30

Monthly Archive

New Comment

Search

QR Code

QR

Link

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。